自分にとってベストな働き方はそ

女性にとって、自分の問題を他人


自分にとってベストな働き方はその時の状況によって変わります。 特に女性にとってプライベートの変化が働き方に大きく影響するのは言わずもがなです。 私は新卒で希望の専門技術職に就きました。 就職難の折、男性社会の職種に潜り込むのは大変なことでした。40社以上落ち、大学4年生の夏の終わりのやっと決まった職場です。 希望の職種に就け、20代は仕事に没頭しました。 男性の中で会社の代表として打ち合わせに出席したり、お客様からの信頼を得られたりとやりがいを感じた仕事でした。 20代の終わりに社内結婚をして退職しました。妊娠を希望していたこともあり派遣会社に登録し、短期で職場を転々としました。 妊娠中は出産後しばらくして社会復帰したいと考えていました。働くことが好きでした。 けれど生まれてきた我が子は身体が弱く、保育園に預けるなんて到底できない状況でした。 ここで自分にとって社会復帰の優先順位はかなり低いものになりました。 まずは子供のお世話。次に家事。それらが順調に成り立って初めて仕事をするという要素が自分の中に上がってきます。 幸い我が家は主人の収入だけで当面はなんとかなりそうだったので私の社会復帰は切実な要素ではなかったのですが、金銭面で差し迫ったものがあったら優先順位は変わっていたと思います。 また選ぶ仕事の条件も、その時の状況によってさまざまに変化します。 私も子供がもう少し手がかからなくなったら社会復帰したいと考えています。 けれど以前の専門職で男性と一緒にバリバリ仕事をするというのはもう無理だとも思っています。 私にとって仕事は育児と家事の合間にするものになったからです。 夢であった仕事をあきらめるという後ろ向きなものではなく、その時の自分にとって何が一番大切なのかを考えながら社会復帰の夢を温めていきたいです。

自分にとってベストな働き方はそ


キャバクラ 求人【すぐキャバ】
サイト内検索(by Google)

Copyright © 自分にとってベストな働き方はそ All Rights Reserved.